OBS Studio: ライブストリーミングと動画録画に最適なフリーソフト

カテゴリー: オープンソース タグ:
Save and Share:

OBS Studioをご存知ですか? ライブストリーミングや動画録画に最適な、素晴らしいフリーでオープンソースのツールです! 📹🎥

OBS Studioは、コンテンツを作成して共有する自由を提供することに注力しています。GNU General Public License v2.0に基づき配布されているため、いかなる制限もなく自由にご利用いただけます!

しかし、OBS Studioを本当に素晴らしくするのは、その機能の充実ぶりです。

  • 🔴 Twitch、YouTube、Facebookなど気に入ったプラットフォームでライブ配信可能! OBS Studioからの動画ストリームを受信できるRTMP/RTMPSサーバーならどこでもOKです。
  • ▶️ ゲーム、画面、ウェブカメラ、DirectShowキャプチャデバイスなど、思いつく限りのものを録画可能!
  • 💻 NVIDIA NVENC、Intel Quick Sync Video (QSV)、AMD Advanced Media Framework (AMF) を使ったハードウェアエンコーディングにより、パフォーマンスを最大限に引き出せます。
  • 🔥 GPUベースのゲームキャプチャにより、スムーズなストリーミングを実現。
  • 🎨 シーンとソースの数に制限がないので、ストリームをユニークにカスタマイズ可能。
  • 🌈 シーン間のトランジションをカスタマイズして、視聴者の注目を集めることができます。
  • ⌨️ ストリームを完全コントロールするためのカスタマイズ可能なホットキー。
  • 👁️ スタジオモードにより、ライブ配信に適用する前に、シーンとソースの変更をプレビュー可能。

OBS Studioはマルチプラットフォーム対応のソフトウェアです。Windows、Mac、Ubuntu Linux用の公式リリースが利用できます。また、Arch Linux、openSUSE、Gentooなどの非公式リリースもあります! オープンソースのコードを基に、OBS Studioを自分でコンパイルすることもできます。

熟練したストリーマーでも初心者でも、OBS Studioは素晴らしいコンテンツを作成するには最高のパートナーです。

OBS Studioのダウンロード

OBS Studioの公式サイトobsproject.comからダウンロードできます。技術者の方は、GitHubの公式リポジトリgithub.com/obsproject/obs-studioをチェックして、ソースコードの細部に迫ることができます。カスタムプラグインによる高度なカスタマイズが可能な強力なAPIも備えているので、コードへの貢献や拡張もできますよ!

以下のリストから、最新バージョンのOBS Studioをダウンロードすることも可能です。すべてのバイナリは公式のアンチェンジビルドです。

Windows用のOBS Studioをダウンロード

OBS Studio 30.0.2 Installer | 64-bit | 129.75 MB

Release date:

OBS Studio 30.0.2 .zip Archive | 64-bit | 142.77 MB

Release date:

システム要件

  • Windows 11
  • Windows 10 バージョン1809以降

古いバージョンのWindowsや32ビット版のWindowsでOBS Studioが必要な場合は、OBS Studio 27.2.4をダウンロードしてください。

OBS Studio 27.2.4 インストーラー | 32ビット | 101.92 MB

OBS Studio 27.2.4 .zipアーカイブ | 32ビット | 117.91 MB

OBS Studioのポータブルモード

プログラムデータ(設定、プロファイル、シーン、ログなど)をプログラムと同じフォルダに保存して、ポータブルにするには以下の手順に従ってください。

  1. 上記のリストから.zipバージョンをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを目的のフォルダに解凍
  3. そのフォルダ内に新規の空の.txtファイルを作成し、obs_portable_mode.txtと名前を付ける。

このファイルがOBS Studioフォルダ内に存在すると、ポータブルモードで実行されます。

macOS用のOBS Studioをダウンロード

OBS Studio 30.0.2 Installer for macOS | 64-bit | 167.55 MB

Release date:

システム要件

  • IntelまたはApple Silicon CPU
  • OpenGL 3.3に対応したGPU
  • macOS 11 (“Big Sur”)以降

Linux用のOBS Studioをダウンロード

LinuxへのOBS Studioインストールの前提条件

  • OpenGL 3.3以上のサポートは、LinuxでOBS Studioを使用するのに必須です。
    • システムでサポートされているOpenGLのバージョンは、端末でglxinfo | grep "OpenGL"と入力することで確認できます。
  • xserver-xorg バージョン1.18.4以上が推奨されています。フルスクリーンプロジェクターなど、OBSの特定の機能でパフォーマンスの問題を回避できます。
  • v4l2loopback-dkms モジュールは、仮想カメラのサポートに必要です。以下のコマンドでインストールできます。
    • Debian/Ubuntuベース:
      sudo apt install v4l2loopback-dkms
    • Red Hat/Fedoraベース:
      sudo dnf install kmod-v4l2loopback
    • Arch Linuxベース/Manjaro:
      インストールする前に、現在のカーネルのためのカーネルヘッダーパッケージをインストールする必要があります。そうしないと、モジュールは完全にはインストールされません。
      sudo pacman -Sy v4l2loopback-dkms

Linux用の公式サポートされているOBS Studioビルド

OBSプロジェクトは、UbuntuとFlatpakの2つのLinuxビルドを公式にサポートしています。

Ubuntu以外のディストリビューションの場合は、Flatpakディストリビューションをお勧めします。

Ubuntu
  • Ubuntuのソフトウェアセンターで、multiverseリポジトリを有効にする。
  • 以下のコマンドを使用して、Ubuntu 18.04以降にOBS Studioをインストールする。
    sudo add-apt-repository ppa:obsproject/obs-studio
    sudo apt update
    sudo apt install obs-studio
Flatpak
  • FlatHub からOBS Studioをインストールする。

ソースコードのダウンロード

GitHubリポジトリ

OBS Studio (master branch) の最新ソースコード:

OBS Studio 30.0.2 のソースコード:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です